++ レッドクリフPartⅡ~未来への最終決戦~ ++

a0013479_2342469.jpg


レッドクリフPartⅡ~未来への最終決戦~を観ました。3ヶ月の間に2本もの映画を観たのは人生で初かと思います。





本題に入る前にまず、映画のチケット代に関して。
日中観る場合は1800円も掛かるんですね・・・高すぎです。前回はレイトショーだったのでもう少し安かったかな?(1200円)
で、今回は東宝シネマズを利用したのですが、東宝→10・4(トウ・フォー)ってことなのか?14日はTOHOシネマズデーで、ななななんと1000円!これにはクリビツテンギョウ。友人と約束したのが偶然14日だったのですが、貧乏人には嬉しい限り。
で、映画が嫌いな私でありますが、『1000円だったら観たいな』と。もちろん映画が好きな人は値段に構わず行くのかもしれないけど、映画が好きでない人を映画館に呼ぶにはいい映画と手ごろなお値段の両方が必要だと思う。
1日と14日は1000円なので、今度何か観に行こうかな~♪


で、映画の方ですが・・・私なんかが映画を語るにはあと100本くらい観てからにしろって感じなんですけど・・・。
戦闘シーンは迫力がありましたね。三国志を知る者としては少々気に入らないところはありましたが、まぁ知らない人が観たら三国志に興味が沸くかもしれないですね。豪傑と言われた武将が大活躍しているのですが、一般兵との差をもっと出して、ありえないくらいの強さでもよかったかもしれません。(すでにありえないくらい強く表現されていましたが)
あと、三国志の主人公と言っても過言ではない諸葛亮孔明が全然活躍していない。
人徳のある劉備が情けない。趙雲ばかり活躍しすぎて関羽・張飛が目立たない。
各々が勝手に動きすぎ。


あ・・・悪口ばかりになってしまってますね。


まぁ映画の醍醐味である『巨大スクリーンでど迫力の音響』を楽しめたのが一番です。


おわり。
[PR]

by tama5136 | 2009-04-15 00:02 | 日記 | Comments(0)