++ 先輩自邸の完成見学会 ++

ここでも何度か書いたことがある以前勤めていた設計事務所。
毎日所長にキツイ言葉を浴びせられつつも2年半勤めた事務所。

僕が事務所に入った時、1人の先輩(女性)がいました。それはもう色々とお世話になり頭の上がらないその先輩が、自邸を設計されこの土日で完成見学会を行なっていたのでお邪魔しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++

先輩のBlog『自宅建築記録

++++++++++++++++++++++++++++++++


工務店さんが行なっていた内覧会でしたので、見学者がたくさんいてビックリ、クリビツ。写真をバシバシ撮ろうとデジイチを持参したものの、あまり撮れなくて残念。


a0013479_6124243.jpg
和室よりこっそりダイニングを撮る

a0013479_6124973.jpg
和室よりこっそりリビングを撮る



外壁はガルバリウム鋼板でメインとなる部分に木製サッシを用いた切妻屋根の住宅。室内は木を素地で用い、壁は左官壁とクロス壁をきれいに使い分けていました。洗面所の開き戸は開いた時に壁に納まるよう設計されていた。自分は既製品の商品ばかり扱って設計をしていたので、建具やら水廻りやら色々と刺激を受けました。自分も自宅を設計したい!というか、金を稼げばできるのだが・・・世の中、金か・・・と思いつつももしお金があっても僕の今の技術では厳しいだろうな。情けない。

a0013479_6135736.jpg
造作の木製建具がイイ味を出していました。


以前、こちらで紹介した先輩の自邸といい、今回の住宅といい、自分の周りの人がこの様な形で結果を残して(ちょっと堅苦しい表現だが)いることは本当に刺激になり励みになった。僕も元々は『自宅が設計したい』と思いこの仕事に就いた。なんだ、それでおいて今は方向性が変わってしまっていないか?いや心の中の思いと現実が反比例していっていないか?色々と考えさせられた。
自分は今、2つの道の選択を迫られている。どちらの道もそれなりに興味があり、それぞれの案内人が手招きして待っている。それぞれにメリットデメリットがあるのは目に見えてわかる。その先に自分が望むものは何か?それを考えれば自ずと答えは出てくるものだ。

a0013479_6454795.jpg
大人しくできずすいませんでした


a0013479_6455486.jpg
あんな広い家に住みたいなぁ・・・ムニュムニュ


見学会が終わった後、埼玉の親戚の家に向かうtama家ご一行なのでありました。

そうそう、途中で偶然見つけた、かりん糖屋さん『旭製菓』haruが絶賛して買いだめしていました。

1/17 第一話 完
[PR]

by tama5136 | 2009-01-19 06:57 | 日記 | Comments(2)

Commented by chee-bang at 2009-01-19 13:48
お越し頂き、ありがとうございましたm(_ _)m。
次はゆっくりしに来てね。

旭製菓…うちの近くにあります。が!まだ食べたことがないっ
引っ越す前に行ってみよう~
Commented by tama5136 at 2009-01-20 08:30
★chee-bangさん
こちらこそありがとうございました。
旭製菓、chee-bangさんの家の近くですよ。是非行ってみてください!試食できるようなので味を確認できます。
酒好きにはたまらない味もあります。