++ お別れ ++

毎月20日といえば、締めの日っていうのはうちの会社。
我々の給料は20日締め25日支払いとなっている。
 20日、突然社員が辞めた。突然というのは私が感じただけであって、ちゃんと以前に辞める旨は伝えていたらしいが、他の社員には伝えないようにしていたらしい。その社員さんは事務員の女性の人で2年間毎日早く出社しては所内の掃除をし、PCは苦手だが常に周りに気を配っているとても気の利いた人(女性)だった。

 会社は1年前に社員がゴソッと入れ替わり、会社名もロゴも、ほとんどが変わった。変わっていないのは、代表取締役と社員3名と会社の場所。その社員3名とは事務員さんと現場担当と自分。会社の中が変わったことを彼女はとても気にしており、いつかクビになるんじゃないかとか色々悩んでいた。それは自分も同じ。土日に出社したときは自分と事務員さんだけってこともあったので、お互い色々と話をしていた。

 とある日、とんでもないことを聞いた。(というかもらったメールで読んだ)
彼女は会社では元気に振る舞う明るい人でしたが、相当悩んでいたみたいで、『死』も考えたことがある、と。同じ職場で同じ悩みを持っている人がそこまで自分を追い詰めているとは思ってもいなかったので、まぁそれなりの返事をした。会社にはもう1人女性がいて、お局様みたいな感じの人なのですが、その事務員さんには猛烈にキツかったのでなるべくフォローするようにした。自分も会社で大変な時は事務的なことはもちろん、色々と気を使ってもらい助けてもらった。自腹でみんなにケーキを買ってきたり、美味しいお菓子をくれたり。そんな気遣いがすごく嬉しかったので、自分も助けてあげたいと思っていた。お局様から怒られていた日にはメールをしたり、お菓子をあげたりと、まぁ単純なことだけど自分なりに考えて。私の上司である部長も色々と気遣う人だったので飲みに行ったりもしてくれた。

 ここんとこ、順調に仕事しているなぁと思っていた矢先の退職。しかも何の引継ぎもせずに。
本人からメールで退職の旨を知らされたのは事後報告であったため、何もできない。その現実を受け入れるしかなく、部長の方にも社長から退職前日に知らされただけ。「本人がみんなに気を使って「誰にも言わないでくれ」と言われた」というが、はっきり言って有り得ない。

 今まで一緒に頑張ってきた仲間が辞めてしまうことはとても寂しいことだが、本人なりに考えてのことだし、家庭のこともあるからそれは別にいい。ただ、会社から何の報告もなく、引継ぎも、送別会も、何もなく翌21日が淡々と過ぎていったこと。事後報告でもいい、会社の方から「実は事務員さんは昨日付けで退職した」という報告があってもいいはず。そんな人情のない会社にうんざりした。

 そして、退職した事務員さんの今後がとても気になって仕方がない。女性だからとかでなく、仲間として、友として大切な人だから。前向きに考えて頑張ってくれればいいのだが・・・。


 今回の一件で、会社に対して私の心は完全に閉ざされました。


 ただの愚痴を書いてしまってすいません。絶対に忘れてはいけないことなので、書き留めました。
[PR]

by tama5136 | 2008-11-22 11:31 | 日記 | Comments(0)