++ 相次ぐ経営破たん ++

 大手不動産関連会社が相次いで経営破たんしている。先日も書いた創建ホームズに関してはちょっとショック。とても大きな会社で、同じ城西地区に会社があり、内外装に拘った建売をやっていた。
 うちの会社はとても小さいのでさほど拘って設計ができないし、個人の感性で設計を進めることもなかなかできない。いや、小さい会社だからこそのメリットもたくさんあるとは思うのだが、到底勝負にならない大きな会社をどこかライバル視していた感があった。チラシの写真を見て「この材料は何だろう?」と考えたり、下請業者さんに創建ホームズの仕様を聞いてみたり(結局わからず仕舞いだが)と。
 建売専門の会社は銀行からの借入れがし易いようで、うちの会社は今後も新規プロジェクトが控えているが、倒産している会社はマンション事業にも手を出しているようで1棟建てるのに多額の金額を借り入れなければいけないため苦しんでいるようだ。
 倒産が続けば、設計士は世の中に溢れ、自分の立場も危うくなり、自身の技術向上が必要である。
「会社における自分の立場・役割」
「自分には何ができるか?」
会社員であれば常に考えねばならないことであるが、改めて自身を見つめなおす必要があると思う。
[PR]

by tama5136 | 2008-08-30 12:31 | 建築