日本人の壁崩壊!

日本人初の49秒台!!

今、「恋のマイヤヒ」と肩を並べるくらい大流行の水泳の話
競泳男子100m自由形は長い間、大きな壁にぶち当たってきた

”50秒の壁”
世界と戦うには49秒台で泳がないとならない
50秒台では決勝にも残れない
この種目において50秒を切るというのは長い間競泳会の目標であった

平泳ぎでは北島が世界No.1の称号を手に入れ
バタフライでは山本、背泳ぎでは森田らが世界と肩を並べていた
しかし自由形だけがどうしても世界と勝負できないでいた


その50秒の壁がついに崩壊
素晴らしいです
感動です
漫画”ラフ”をちょっと思い出しちゃいました
二ノ宮亜美ちゃんは存在したのでしょうか?

ちなみに、この会場、なみはやドーム。ボクも泳いだことあります。
東京から車で出発、競技開始直前に会場入り、50mクロール泳いで帰ってきました。
すごい無駄金。。。

さらにつけたすならば、ボクは1分の壁がなかなか破れませんでした
リレーで一度だけ59秒台・・・レベル低っ!

水泳がんばっちゃおうかなぁ~
[PR]

by tama5136 | 2005-09-02 15:54 | 日記