あれから1年

昨年も同様に正月は北海道へ。。。
実は1年前に嫁さんのご両親に結婚することを伝えた。
これからは幸せのの塊なのかな?そんな感じでありました

嫁さんの母親の体調があまりよくなく少しの不安はありましたが・・・「まぁ大丈夫だろう」と僕は思っていた

東京に帰ってきて腫瘍の検査に出していたノブナガを迎えに行った

そこには絶望しか待っていなかった

そこから先は皆さんもご存知のとおり・・・

a0013479_1191512.jpg


今日は久々にノブの墓参りに行きました
正月なのに?正月だから?
「供養塔」にはたくさんの人がきていました

これならノブナガも寂しくないかな・・・
[PR]

by tama5136 | 2005-01-04 01:34 | ノブナガ(2008.07.26) | Comments(4)

Commented at 2005-01-04 10:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haghag10 at 2005-01-05 01:47
去年の今頃・・・
自分が生きていくということ。 その長い道のりには色々あるよね。
嬉しいこと、悲しいこと。 全部ひっくるめて自分なんだよね。

ノブナガくんは、寂しくないはず。
お参りに来てもらえるし、その「供養塔」のみんなも、手厚く
おくってもらった者たちだから、きっと幸せな一生をおくったに
ちがいない。
だから、みんなで楽しく遊んでいるよ。
Commented by tama5136 at 2005-01-05 11:41
★hag兄
たくさんの経験を積み重ねて「自分」ができていくのだと思います。ノブナガのおかげで、以前以上にミカンが可愛く思えるし、他のペットを見ていても可愛いと思うようになりました。ペットショップへ行ってはケージの中にいる犬や猫に「早くいい飼い主さんが買ってくれるといいね」と声をかけられるようにもなりました。
僕はもうノブナガがいないこと、寂しくはないです。
Commented by tama5136 at 2005-01-05 14:36
★鍵さん
昨年は苦しい事ばかりでしたがそれと同じくらい嬉しい事楽しい事があったので乗り越えられました。
今年は与えられた苦境ではなく自ら苦境を作りそれを乗り越えたいと思います。鍵さんも病と闘いながら成長しているはずですよ!回り道を自分で探すのも大事な経験ですよねぇ~、回ろうがまっすぐ進もうがどちらにしろ進むことが大事ですから!