千秋楽'04.10.11第一章~蹴球~

最終日、楽しかった旅行も今日でおしまいかと思うと寂しくなる

がっ

今日は大事な日。そう、サッカーをやるのだ
結婚パーティーの3次会らしいです

朝9時には電車に乗って「舞州」ってところへ行く。
場所がわからず電話で何度も聞く。迷惑なヤツだ。
よく考えりゃ地図をプリントアウトしてなかった。本当に迷惑だ。あやまれ。

すいませんでした

着きました。芝生がきれい。快晴。ちょっと暑い・・・。
サッカーは4チームで20分の試合を交代で対戦
うちのチームはフットサルしか知らない。サッカー経験者も少ない。
他のチームは新郎の学生時代のサッカー部の仲間等

おいおい、逃げようよ・・・

なーんて思っていたら1試合目
本当に苦しかった。心臓止まるかと思った
僕はFW。身長165cmのFW。なんのとり得もないFW。


初戦は1-1の引分け。得点者はもう1人のFW。いわばライバル?

2試合目は5-1で圧勝!なんとハットトリック!こぼれ球もしくは素晴らしいパスから流し込むだけ。他の2点はもう1人のFW。いわばライバル?
うちのチームは遠征ってこともあって人が足りなかったので他のチームに助っ人をお願いした。その人たちがグラウンドを縦横無尽に駆け巡り貢献してくれたのだ。本当にありがたい。
この試合の前に友人にアドバイスももらったし、うちのメンバーも体張って守ってくれたし。
得点はみんなの努力の賜物。
インザーギみたいにごっつぁんゴールでも『これは俺が決めたんだ!俺の実力はすごいだろう!』みたいなパフォーマンスはしない。

3試合目は布陣を大幅に変え大敗。0-4だったかな?
ちなみに僕は・・・DF辺り(笑

いやぁすごくすごく楽しかった。
その後は偶然帰りの飛行機が同じだった新郎新婦と一緒に空港へ(新郎のご両親の車で・・・ありがとうございます)

つづく
[PR]

by tama5136 | 2004-10-15 11:54 | 日記